初心者目線から見たゴルフ、成長過程を載せていくブログです。

初ラウンドで驚異の205打をたたき出し

伸びしろしかない初心者ゴルファーが1年で100切りを目指す!

もっとかかるかもしれないけど、100切りまで挑戦したいという気持ちを捨てずに頑張ります!

たまに脱線話もあるかもしれませんが、温かい目で見てください~(*‘∀‘)

ゴルフ用語 ルール

【アンプレって何?】1打罰を受けてボールを救出しよう!

2021年4月18日

あ~あ。またバンカーは行っちゃったよ。何打で出せるやら…
ルール上、1打罰で外に出してもいいんだよ。
え!そうなの?じゃあそれを使って出しちゃお!

 

こんにちは、ゴルフを始めて1年でスコア100切りを目指している南美です!(^^)!

 

まだまだ初心者の私はとにかくバンカーがネック。

最近は1打で出せることも増えてきましたが、それでも打ちやすいところからボールを打てるならそっちの方がありがたいレベル。

上記の会話のように、自然に「1打罰で出していいよ~」なんて言われていましたが、実際は「アンプレイアブル」通称「アンプレ」という正式なルール名称があるんです!

そんな「アンプレ」はバンカーだけでなく他の場面でも使用することができるボール救出ルールです。

どんなときに適用されるのか、メリットデメリットは何か、よく理解して上手く利用しましょう!

 

 

 

ボール救出大作戦!「アンプレイアブル(Unplayable)」を使ってみよう!

アンプレイアブル(Unplayable=通称:アンプレ)とは、木の根元や岩場などスイング体勢が取れない場合、ボールが打てない場合に、1打罰で救済を受けることができるルールです。

ちなみに、物理的にボールが打てる状況であってもアンプレを使用することはできます!びっくり!

これが私が苦手なバンカーでも使用できる理由。

 

バンカー以外にもそのまま打つことはできるけれど、1打で上手く出せそうにないというケースは多いです。

そんな時にはアンプレヤブルを使用して打ちやすい場所にボールをドロップした方が良いスコアにつながります。

ありのままにプレーするのがゴルフの醍醐味ですが、スコアを考えた時にはそのような判断も選択肢に入れてみましょう。

 

 

アンプレのボール救済方法は3つ

  • ボールから2クラブレングス以内のホールに近付かない場所にドロップして打ち直し
  • ピンとボールを結んだ後方線上にドロップして打ち直し
  • 元の場所にドロップして打ち直し

アンプレをした場合は、この3つの場所から最も有利な場所から打つことができます。

ちなみにドロップは膝の高さから腕を伸ばした状態でボールを落とします。

 

あまりしっかりしたゴルフでない場合(エンジョイゴルフ)は上記の救済というよりも「打ちやすいところに出していいよ~」と言われることが多いです。

それでも1打罰はスコアにカウントするようにしましょう!

 

 

アンプレが使える、ボールを救出できる場所

とはいえ、アンプレによるボールが救出できる場所は限られています。

逆に罰則無く救出できる場合もあるので、しっかりボールの位置や、周りの状況を確認してスコアカウントのミスを減らせるようにしましょう!

 

アンプレを使用した方が良いスコアが出るケースがあると言われても、どんな場面で使用すればよいのかわからないという方も多いはず。

そこで、アンプレが使用できそうなケースを紹介します。

 

ライの状態が悪い

ライ(ボールがある地面)の状態が悪いと思ったようなボールが打てない可能性が高いです。

ボールの高さや回転が自分の思い描いていたものとは違ってしまい、スコアを落としてしまうことがあります。

そのため、そんな時にはアンプレを使用してライの状態が良い場所にボールをドロップしてプレーを再開することができます。

ただし、上記の移動可能範囲内からになります。(もしくは打ち直し)

 

飛球線方向に木がかかっている

このままショットしたら木に枝に当たってしまうかもしれない...というケースに出くわしたことがある方も多いかと思います。

上級者であれば、ボールに回転をかけてフェードショットやスライスショットで木や障害物を避けることも可能だと思います。

また、低いボールを出して木や障害物に当たらないようなショットを選択する人もいます。

しかし、ゴルフを始めたばかりで真っ直ぐに飛ばすことしかできないという方は、木に当たってしまう可能性が高くなります。

そんな時にはアンプレを使用して木に当たらない場所にドロップすると良いでしょう。

 

深いラフでアイアンでも出せそうにない

コースや時期によって、ボールを見つけるのが困難なほど深いラフがあるホールも存在します。

そんな深いラフに捕まってしまえば、ラフの抵抗から思ったようなボールを飛ばすのは難しいです。

アイアンでも出せないと感じた場合は、アンプレを使用して出すこともできます。

 

アゴが高いバンカーの壁に捕まった

バンカーであまりにボールが埋まってしまった場合や、アゴがとんでもなく高い場合には、アンプレを使用するのが良いでしょう。

バンカーで2打以上叩いてしまう可能性の方が高い!という場合は1打増えてはしまいますが、ピンチを切り抜けられるとポジティブに捉えてアンプレを使てもいいかもしれません。

 

 

アンプレを使うメリット・デメリット

メリット ボールが打ちやすい場所が移動範囲内にあれば、いいコンディションで打てる
デメリット 1打罰をしないと出せない場所ならいいが、そうでない場合はスコアに響く可能性の方が高い

 

アンプレを使用しなくても、1打で出せればその方が確実に良いです!

もしかして思っているよりボールが飛ばなくて、2打、3打と打ってしまうこともあるかもしれませんが、よっぽど打てない状態にボールがない限りは頑張って出しましょう。

ただし、エンジョイゴルフはプレイファーストなので、あまりにボールを出すのに時間がかかったり、後ろが詰まっていればアンプレを使用した方が良いでしょう。

とはいえ、ボールが打ちやすい場所でしっかり打った方が飛距離も出て結果として2打で進んだ距離がかなり伸びる、という可能性もあるのでホールのヤード数を見てその辺は決めてもいいかもしれません!

 

 

まとめ

個人的にはアンプレはバンカー、茂みなどに入ってどうしても打てる状態ではない、といった場合に使う方が良いと思います。

なぜならゴルフが上達しないから!笑

上達のためならアンプレ自体も使用せずに、自力でボールを打ち出した方が良いのですが、やっぱりスコアも気になりますよね。

その点アンプレはルールとしてあるものなので、臨機応変に(どちらかと言うと都合よく)使わせてもらって、上手く組み合わせてスコアアップを狙うと100切りも夢じゃないかも( ;∀;)♡

下手でもやっぱりスコアが良いと気分も良くなりますよね!

 

一緒に頑張ってゴルフ上達しましょう♪

 

最後までご覧頂きありがとうございました。
この記事が役に立った!と思ったらぜひ「いいね」ボタン、「シェア」お願いします 🙂

M's Feature

GoogleMAPを使用して日本から世界へ!
マッパー南美の旅行記録

Check It Out!

M's Eigo

世界に行く時は英語力も持って行きたい!
ワーホリ経験者の30歳からの英語再学習

ブログを見る

それではまた、Ciao! 😉

Minami

 

Sponsor Link

-ゴルフ用語, ルール

© 2021 ゴルフ初心者が1年でスコア100切りを目指す Powered by AFFINGER5