初心者目線から見たゴルフ、成長過程を載せていくブログです。

初ラウンドで驚異の205打をたたき出し

伸びしろしかない初心者ゴルファーが1年で100切りを目指す!

もっとかかるかもしれないけど、100切りまで挑戦したいという気持ちを捨てずに頑張ります!

たまに脱線話もあるかもしれませんが、温かい目で見てください~(*‘∀‘)

ゴルフの基本 ルール

ゴルフはどこから打ち始める?ティーマークを理解してゲームしよう!

2021年1月7日

ゴルフの最初ってどこから打てばいいの?
「ティーグラウンド」と言われるところから打つよ。ティーにはハンデがあって、色によって分かれているんだ。
基本的には男性は白のレギュラーティー、女性は赤のレディースティーから打つことが多いよ。
へぇ~。どこから打ってもいいわけじゃないんだね!
色々なティーの色があるから、自分に合ったハンデを決めて打てばいいよ。

 

こんにちは、ゴルフを始めて1年でスコア100切りを目指している南美です!(^^)!

 

今回は各ホールで毎回出てくる「ティーショット」を打つティーグラウンドでのルールとマナーについて!

今思えば最初は知らず知らずのうちに出べそしていたりしたなぁ…。

そんなルール破りが無いように、最初に叩き込んでおきましょう!

※この記事は2019年に改正されたルールに基づいて書いています。

 

 

 

ティーマークを知ろう!

個人競技のゴルフが老若男女問わず一緒にプレイできる理由はハンデがあるからです。

このハンデを決めているのが「ティー」になります。

ゴルフ場によって形は違いますが、よく丸いボールが置いてあったり、木片のオブジェ?みたいなものが置いてあります。

このティーがある場所を「ティーイングエリア」と言います。

(以前はティーグラウンドと呼ばれていましたが、2019年から改名されました。どちらも同じ場所を指します。)

そしてティーマークは必ず2つで一つになっています。この2つのティーの間で第一打を打ってゲームをスタートさせます。

 

 

ティーイングエリアの基本ルール

各ティーイングエリアではそのホールの1打目を打っていきます。

いくつかルールがあるので見ておきましょう!

  • 必ず2つのティーマークの間で打つこと。
  • ティーイングエリア内とはいえ、あまり後ろすぎるのはNG。大体クラブ2本分くらいまでのところでが範囲。
  • ティーマークを超えてのショット不可。「デベソ」状態は2打の罰則となり3打目からのスタート。
  • ティーをセットをしてから40秒以内に打つこと。

最後の40秒以内に打つというルールは2019年からできたそうです。

私この記事書きながら知りました…。

40秒って意外と長いから多分大丈夫でしょうが、素振りなどにあまり時間をかけすぎないようにしましょう。場合によってはペナルティで1打罰則になります。

ちなみに、空振りは通常通りカウントして2打目としてもう一度ティーショットします。(これも2019年よりスコアカウント方法が改正されています)

実際に線は引かれていませんが、ティーマークを超えて打ってしまうと「出べそ」という状態になりペナルティ(※2打の罰則になり、3打目からのティーショットやり直し)になってしまいます

必ず、ティーマークの間、ティーマークを結んだ線の内側で打つようにしましょう。

 

 

ティーマークの種類と色を知ろう

冒頭にも述べたように、ゴルフが老若男女問わず一緒にゲームを楽しめるのはこのティーマークによるハンデがあるからです。

一般的に飛距離が出にくい女性やお年寄りと男性が同じスタート位置からティーショットを打ったら、男性の方が筋力もあるので有利になってしまいます。

なので飛距離にハンデを付けるために様々なティーマークが用意されています。

ティーマークは色でハンデを知ることができるので参考にしてみてください(*'ω'*)

 

白:フロントティー

白色のティーは「レギュラーティー」もしくは「フロントティー」と呼ばれていて、男性アマチュアが使用するのが基本です。

飛距離に自信のある女性や、シニアでも使用するケースもあります。

(いつか私もレギュラーティーから回ることが普通のゴルファーになりたい!)

 

赤:レディースティー

赤色のティーは「レディースティー」と言います。その名の通り、女性が使用するのが一般的でレギュラーティーより少し前にあります

 

青:バックティー

青色のティーは「バックティー」と言います。レギュラーティーよりも後方に用意されており、飛距離に自信のある男性が使用します。

スロープレーを防ぐ目的でバックティーからのプレーができないゴルフ場もあるので、ラウンド前に確認しましょう。

 

黒:チャンピオンティー

黒色のティーは「チャンピオンティー」と言います。

レギュラーティーより後ろにありますが、プロのツアーや競技ゴルフの時に使用するために設置されているもので使用できません

 

銀:シルバーティー

銀色のティーは「シルバーティー」と言います。レディースティーの前方か同じ位置にあることが多いです。

飛距離に自信がないシニアが使用するのが基本ですが、飛距離に自信があればレギュラーティーを使用しても全く問題ありません

シニアだから必ずシルバーティーを使用しなければならないこともないし、年齢制限があるわけではないので必要に応じて使用しましょう。

 

黄:特設ティー

黄色のティーは「特設ティー」と言います。特設ティーはホールの中腹あたりにあります

特設ティーはスロープレーを防ぐ目的で用意されているので、ティーショットをOBや池ポチャしてしまった時に使用します。

特設ティーがないホールもあるので、ティーショットの前に各ホールの特設ティーの設置を確認しましょう。

 

 

注意:一度決めたティーの色は変えない!

毎ホールティーの場所を変えて打っていいわけではなく、18ホール必ず同じ色のティーイングエリアから打ってゲームをします。

特設ティーはゲーム上使用することもありますが、それ以外は自分のハンデに合わせたティーカラーを守ってプレイしましょう!

また、ゴルフ場によってはシルバーティーが無かったり、逆にキッズティーなどが用意されているところもあります。

必要があれば事前に確認してみましょう。

 

まとめ:ティーマークを理解してゲームしよう!

一言にティーマークと言っても色々な種類があることがお分かりい頂けましたか?

私は最初全然分からなかったので「出べそ」は平気でするわ、自分でレディースティーは探せないわ(たまにレギュラーティーからすごく離れているため)で大変だった記憶があります。

最初は同伴者が教えてくれると思いますが、自分が打つ場所くらいは分かるようにしておきましょう!

最近はカートについているタブレットで少し離れている場所も確認できます。

特にレギュラーティーより前にあるティーを使用する人はゲームがスムーズに進むようにある程度準備してカートに乗って待っている等した方が良いかもしれません。

1日ゴルフをしたらすぐに慣れるので、ぜひ少しだけ頭にティーマークのカラーを覚えておいてラウンドしてくださいね!

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた、Ciao!

Sponsor Link

-ゴルフの基本, ルール

© 2021 ゴルフ初心者が1年でスコア100切りを目指す Powered by AFFINGER5