初心者目線から見たゴルフ、成長過程を載せていくブログです。

初ラウンドで驚異の205打をたたき出し

伸びしろしかない初心者ゴルファーが1年で100切りを目指す!

もっとかかるかもしれないけど、100切りまで挑戦したいという気持ちを捨てずに頑張ります!

たまに脱線話もあるかもしれませんが、温かい目で見てください~(*‘∀‘)

クラブ

ゴルフクラブの種類は何がある?初心者が揃えるべきはこれだ!

2020年12月27日

ゴルフクラブって何を揃えたらいいの?全然分からないよ
大きくは5種類あって、ドライバーとアイアン、その間の距離を飛ばせるフェアウェイウドやとユーティリティ、グリーンの上でボールを動かすパターがあるよ。
へぇ。クラブそれぞれに働きがあるのね?それは1本ずつあればいいのかな?
そうだね、ルール上はそれでもいいけど、最低8本は持っておいた方が楽だと思うよ。ちなみにラウンドには最大14本まで持ち込めるよ。

 

こんにちは、ゴルフを始めて1年でスコア100切りを目指している南美です!(^^)!

 

ドライバーやアイアンなど、ゴルフクラブには様々な種類があります。

私も最初は何のことやらさっぱりだったし、クラブのメーカーも多すぎて選べませんでした。

結果、キャロウェイのキャディバッグ付きの初心者用セットを買いましたが、メルカリやラクマを見たら結構いいクラブがお安く出品されていたりするのでそういったフリマアプリで最初のセットは買っても良いと思います。

ただ、セット販売しているものもあればバラ売りしているものもあります。

私はどのクラブをどんな風に揃えればいいかも分かりませんでした。でも大丈夫!結局実際にラウンドしないと自分に合ったクラブなんてわかりません。

 

今回はそんなゴルフクラブの種類について!最初はどのクラブが何本あればいいのかも一緒に紹介していきます(^^♪

 

 

 

はじめに

ゴルフクラブを紹介する前にそれぞれの名前をざっくり覚えておくと頭の中で整理がしやすいので、少しクラブの種類を説明します。

ウッド:

ドライバーなど、ヘッドの大きいものを指します。もともと、昔のゴルフクラブが木製「wood」だったことからウッドと呼ばれます。1番ウッド(1W)と言われたり、したら「ドライバーのことだ」と分かれば大丈夫です。

アイアン:

ウッド(木製)のヘッドのクラブに対して、ボールを当てる部分が鉄だったためアイアンと呼ばれるようになりました。現在は鉄だけでなく色々な素材が使われていますが、ウッド同様、昔の名残を引いてアイアンと呼びます。

パター:

グリーン上でボールを運ぶクラブ。

 

 

最初に使用する、最もボールを飛ばす「ドライバー」

ゴルフと言えばドライバーというイメージもある一番大きくて軽いクラブです。(別名:1番ウッド(1W))

クラブヘッドの大きさはもちろん、すべてのクラブの中でも一番長いです。ですが、重さは一番軽いのが特徴。遠心力を一番に感じるので、軽いとはいえ実際にクラブを振ると結構重さを感じます。

 

最近のドライバーはヘッドが大きいのが特徴で、当たり所が少々悪くてもきちんと飛ぶように設計されているものや、しっかりと飛距離が出やすいように設計されているものも多いです。

自分に合ったドライバーを使用することで飛距離が変わってくるだけでなく、スイングにも大きく影響します。

 

もちろん一流ドライバーを使うのはとてもいいことですが、初心者はセットになっているものを使用しても問題ありません。

クラブも合う合わないがあるので、多少慣れてきたら変える方がおすすめ!

 

 

使用率ナンバーワン!アイアン

ラウンド中だけでなく、練習でも最も使用率の高い、ゴルフの基本となるクラブです。

アイアンの役割は狙った場所にボールを的確に運ぶこと。その為、同じスイングでボールを飛ばせる距離を変えれるように、番手が多く揃っていることも特徴の一つです。

アイアンには全部で2番~9番までの番手がありますが、多く揃えていても4番か5番から持っている人が多いです。

ただし初心者はそこまで考えなくていいので、6番~8番のミドルアイアンと呼ばれる種類があれば大丈夫。

特に7番アイアンは練習にも最も使用しますが、ラウンド中も一番よく振るクラブです。

 

アイアンの種類と番手

アイアンにはロングアイアン、ミドルアイアン、ショートアイアンとさらにウェッジというものがあります。

シャフト(柄)の長さはウェッジに行けば行くほど短く、クラブの面の角度も変わってきます。

 

番手 アイアン種類

(5番までをロング、8番までをミドルと言いう人もいます)

男性飛距離

(1Wが約200y)

女性飛距離

(1Wが約160y)

3番 ロングアイアン 180 120
4番 170 110
5番 ミドルアイアン 160 100
6番 150 90
7番 140 80
8番 ショートアイアン 130 70
9番 115 60
ピッチング(P) ウェッジ 105 60
サンド(S) 80 50
アプローチ(A) 90 40

番手の数字が小さいもの、4~5番はロングアイアンと呼び、長距離を狙うことができます。中距離を狙うアイアンをミドルアイアンと呼び、6~8番が主に言われています。

そしてこのミドルアイアンの7番が最もゴルフで使用するクラブです。

人によるかもしれませんが、私は7番で練習もするしラウンド中もほとんどこのアイアンを使用します。

 

ミドルアイアンより短い距離に使い、狙ったところに打つのがショートアイアン

 

さらに短く距離を調節したり、球筋を変えたり、もしくはバックスピンの効いたショットを打つときに使うのがウェッジです。

上記のピッチングウェッジ(PW)とアプローチウェッジ(AW)、サンドウェッジ(SW)が代表的なウェッジですが、他にもロフト角が48度・49度・50度というウェッジもあります。

アイアンとウェッジの違いはクラブヘッドが大きく寝ている(ロフト角)かどうか。

 

そしてピンポイントに打ち出すアイアンと違って、ウェッジは変化球を打ったり、バンカーなどの砂地に対応しやすいなどアイアン以上にボールの打ちだしに変化を付けられるクラブと認識しておけば大丈夫です。

 

 

ユーティリティー(UT)はアイアンとウッド(ドライバー)のいいとこどり

ユーティリティ(以下UT)は、2000年代から登場した比較的まだ新しいクラブ。その見た目からスプーンと呼ばれることもあります。

そんなUTの特徴は大きく2つ。

  • シャフトがウッドより短い(アイアンの感覚で打てる)
  • ヘッドがアイアンより大きい(アイアンよりボールが飛ぶ)

そのため、フェアウェイウッドよりも距離が抑えられ、アイアンよりも打ちやすいクラブです。

ロングアイアンはゴルフ級者向きな一方で、UTは初心者から誰でも打ちやすく距離も出るクラブとして人気が定着してきています。

実際に私もドライバーとUT、7番アイアン、ウェッジでラウンドしています。アイアンではカバーしきれないけど、ドライバーほど距離を飛ばしたくない!という時にぴったりです。

 

 

ドライバーの次にボールを飛ばせるクラブ「フェアウェイウッド」

その名の通り、フェアウェイ(コースの真ん中のグリーン)から打つことを想定されたウッドです。

ウッドと呼ばれるだけあってドライバーの仲間でシャフトも長く、ヘッドも大きめで遠心力を感じやすいクラブです。

遠心力がある分、ドライバーの次に飛距離が出るクラブとして位置づけられています。

種類は一般的に3番ウッド(3W)、5番ウッド(5W)、7番ウッド(7W)があり、番手の数が大きくなるほどボールが高く上がりやすく、飛距離が短くなってきます。

 

 

初心者ゴルファーのクラブセットの選び方

セットに組めるのは14本まで

ちなみに14本までだったら例え1本でもラウンドできます。無理だけど。笑

 

さて、そんな初心者、上級者にかかわらず、ラウンドをするにあたり必ず必要なクラブは下記の7本。

  • ドライバー:1本
  • パター:1本
  • アイアン:5本(最近のセットは6i~9番+PW、7i~9番+PW、SWが主流)

まずはこの7本を揃えて、そこからFWとUTを足していきましょう。慣れてきたらロングアイアンを増やしたり、FWとUTを増やしても良いです。

初心者は最初は8~10本あれば十分!

ちなみに、セット売りになっているクラブも上記の7本にFWとUTが入って8~10本で売られていることが多いです。

(私は全然どれを選んでいいか分からなかったので、とりあえずキャロウェイのセットになっているクラブを買いました。)

 

ドライバーが好きならFW多め、アイアンが好きならUT多めにセットに入れよう

FW多めがおすすめのタイプ

  • ドライバーが得意、もしくは好き
  • シャフトが長いクラブでもボールにしっかり当てられる
  • アイアンが苦手

 

UT多めがおすすめのタイプ

  • アイアンが得意、もしくは好き
  • シャフトが長いクラブが苦手
  • ドライバーが苦手

 

必ず必要なクラブを上記で7本最初にあげているので、残りも7本セットに組み込むことができますが、すべてをFWとUTで埋めてしまうのは勿体ないです。

なぜなら、FWとUTはあまりラフ(芝が長いところ)では上手く打てないからです。そうなると必要なのがロングアイアン。

上記の7本にアイアンを5番~6番と、ウェッジのAWとSWを足すと3~4本は増えて10本セットになります。

そこにFWとUTを好みに合わせて入れていきます。10本セットができていると仮定して、あと4本入れることができます。

 

最初はここまでしっかりフルセットを揃えなくても、必要最低限の7本セットにFWとUTが1本ずつで9本で回っても全く問題ありません。

なんなら上手くなるまでは9本でラウンドできるようにした方が、基本的なゴルフは上達すると思います。

私はドライバー、UT、7~9番アイアン、PW、SW、パターの8本で回っています。(FWもセットだったけど折れたの!泣)

最近はやっと130近くで回れるようになってきたのでそろそろクラブを変えたいなと思っています。最初はゴルフもクラブも分らないことが多いので、あまり気合を入れて揃えたり、買ったりする必要はないと思います。

ぜひ、この記事を参考にして最初のクラブの勉強&クラブ選びをしてもらえると嬉しいです!

 

それではまた、Ciao!

Sponsor Link

-クラブ

© 2021 ゴルフ初心者が1年でスコア100切りを目指す Powered by AFFINGER5