初心者目線から見たゴルフ、成長過程を載せていくブログです。

初ラウンドで驚異の205打をたたき出し

伸びしろしかない初心者ゴルファーが1年で100切りを目指す!

もっとかかるかもしれないけど、100切りまで挑戦したいという気持ちを捨てずに頑張ります!

たまに脱線話もあるかもしれませんが、温かい目で見てください~(*‘∀‘)

ゴルフ用語

【基本編】ラウンド中の掛け声は何を言えばいい?フォロー方法は?

2021年1月10日

ラウンド中の掛け声って何を言ってあげたらいいのかな?
「ナイスショット」とか「ナイスオン!」って言ってあげればいいんだよ。
それは分かるけど、それ以外にも何かもう少し言いたいなぁ。フォローとかも言えるといいよね。
じゃあ基本的なゴルフでの掛け声を教えるね!

 

こんにちは、ゴルフを始めて1年でスコア100切りを目指している南美です!(^^)!

 

あなたはラウンド中の掛け声ってどうしていますか?

私はいまだに下手なので周りから励ましの言葉を頂きます。笑

その代わりちょっとでもいいショットが出るだけで「ナイスショットーーーー!」とほめてもらえるというメリットも( ;∀;)笑

 

とはいえ、色々な立場がある人と一緒にラウンドすることもあるので、失礼に当たらない様に適切な言葉を使用したいもの。

今回はそんなラウンド中の掛け声についてお話していきます!

 

 

 

良いショットが打てたら「ナイスショット!」

一番使いやすくて言いやすいのが「ナイスショット!」というワード。

ラウンド中もよく聞くのではないでしょうか。

良いショットが打てたら、ティーショットでもセカンドショットでも使用できる便利な掛け声です。

ただし一緒にラウンドする相手がどうであれ、何でもかんでもこの言葉に頼るのは失礼にもなりかねないので注意。「きちんと人のショットを見ていない」と思われていしまいます。

ボールの行方をある程度見届けるようにして言いましょう!

 

 

グリーンにボールが乗ったら「ナイスオン!」

ボールがグリーンに乗ったら「ナイスオン!」と言ってあげましょう!

これはとても重要。飛距離や高低差によってはグリーンが見えないこともあるのでプレイヤーにボールがどこにあるかを教えてあげるためにも、しっかりボールの行方を見てあげましょう。

良いショットでなくても、結果的にグリーンに乗ればいいのでグリーンに乗れば「ナイスオン」と言って大丈夫です。

 

アプローチが上手くいったら「ナイスアプローチ!」

また、「ナイスオン」と合わせて、「ナイスアプローチ」も一緒に聞くことが多いです。

ピンそばにボールを付けるようなアプローチショットが打てれば「ナイスオン、ナイスアプローチ!」と言えばOK!

相手が目上の人なら「ナイスオン!アプローチ上手ですね」と言ってあげると喜ばれると思います。

 

例えボールがグリーンに乗らなくても、惜しいショットだったら素直に「惜しい!」と言ってあげるのも良いです。

「ナイスアプローチ!もう少しでグリーンに乗りそうだよ!」とフォローしてあげてもいいかもしれません(^^♪

 

 

パターの時は使い分けて相手を褒めてあげるとGood!

パッドショットはとても重要。

上手な人は大体パターを打つ前に「バーディーパットだ」とか「パーパッドだ」とか言ってから打つ人も多いので、それを聞いてあげるようにしておきましょう。

そうすると「ナイスパー!」「ナイスボギー!」とかスコアカウントを言って褒めてあげることができます。

また、ホールに入った時に「ボギーだった~」とスコアを言う人も多いのでそのあとで「ナイスボギー!」などスコアと合わせて言ってあげるのも良いです。

 

パッドは惜しいショットも多く出るので、その際は「惜しい!」とか「タッチ良かったよ!」と言ってフォローしてあげましょう。

 

 

フォローの掛け声は?

さて、惜しいショットの場合はフォローもかけやすいのですが、OBだったりあまりに違う方向に飛んでいくとすこしフォローもしにくいもの。

そんな時にかけてあげたい言葉も紹介しておきます。

 

「結果オーライじゃん!」「大丈夫です、結果的に良いですよ!」

OBや大きく曲がってしまった時でも、木に当たったり、意外とボールが転がって出てくる時があります。そんな時はショットではなく、ボールの着地地点でフォローの言葉をかけてあげると良いでしょう(*‘∀‘)

 

「前に進んでるよ!」「いいじゃん!」

ちょろちょろと進んだボール(通称:チョロ)が出たり、思うようにボールが飛ばなかった時に使用できるフォローです。

私はよくトップしてしまうので、チョロまでは行かなくともボールの飛距離が全然足りないこともしばしば。よくかけられるフォローの言葉です。( ;∀;)頑張ろ。

 

「大丈夫、大丈夫!」「次打てるよ!」「落ち着いて」「ボールよく見て!打てるよ。」

フォローというより、アドバイスに近い言葉ですが、初心者はミスが多くなってくると後れを取らないようにとどうしても焦ってきてしまいます。

そんな時は周りから「大丈夫だよ、落着いて。」と声をかけてもらえるだけでも心が落ち着きます。

私はこのフォローをもらう側ですが、誰でも焦りが出てくる時があるので、そんな様子が見受けられたら少し声をかけてあげてもいいかもしれません(*^^*)

 

 

まとめ:ラウンド中の掛け声はどうする?

誰でもちょっとの励ましがあるだけで嬉しくなるもの。

あまり相手にアドバイスするのは良くないとされていますが、エンジョイゴルフであれば多少はしてあげた方が良い場面もあるかもしれません。

私も言われて「あ、ほんとだ」と気づくこともあります。それくらい初心者は特に打つことに必死になってしまうので、ある程度指摘がある方がよくなる場合もあります。

もしそんな時があったら素直に「ありがとう」と言いましょう!

ゴルフは相手を褒めたりフォローするだけではなく、感謝を伝えることも大切。

こういったところからも人柄が現れるので、自分の事柄にだけ集中するのではなく周りも見れるようになると良いですね!

 

私も少しずつですが、余裕を持てるようになってきました。

ゴルフだけでなく、プライベートでも少しずつ余裕が出来るといいな!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

それではまた、Ciao!

 

Sponsor Link

-ゴルフ用語

© 2021 ゴルフ初心者が1年でスコア100切りを目指す Powered by AFFINGER5